2018年09月27日

英語を話せない英語講師?

寒くなったり暑くなったり、変な天気が続きますが、体調を崩さないように気をつけましょうね。

さて、こんな動画を紹介されました。塾の英語の先生の英会話力はいかに!?をサンドイッチマンが取材したものです。

高校生レベルも教えているにしては、ちょっとひどいですね。

私は大学時代進学塾で英語講師のアルバイトをしていました。英語を教える仕事なので、私を含め留学経験のある英語講師はもちろんいましたし、流暢に英語を話せる先生もいましたのでこの動画だけで塾の英語の先生全体の英会話力を図ることはもちろん出来ませんが、塾講師に英会話力が一切求められていないことは事実です。英語面接はありませんので。私は当時働いていた塾から「生徒が聞き取れるように、カタカナ発音でお願いします」と言われたこともありました。留学から帰ってきたばかりの私は、「は?それってなんの意味があるの?」と戸惑い、逆に難しいと感じたのでものすご〜くゆっくり話すように気をつけていました。

そこで、「私が教えたいのはテストで点数が取れる英語だけじゃなく、実際に使える英語だ!」と強く思い、話す力を伸ばせる英語教室を開くことを決めました。だって、実際外国人とビジネスやプライベートで英語で話すとなった時、筆談で会話しますか?英作文が構成できる力は絶対に必要です。間違いありません。ただ、それを同時に頭の中から口に出せるような訓練が必要なのです。ここに出てくる先生たちに必要なのもそれじゃないかな、と思います。せっかく言語を教えているのですから、実際に活用できるものを子ども達に教えていきたいな、と思います。

なにより、先生が英語をスラスラ話しているところを見せるのが子ども達にとっての一番の刺激になるのではと思っています。私が一番はじめに英語を教わった、中学校の英語の先生がそうでした。その先生は、最初の授業で教室に入ってきた瞬間いきなり英語でベラベラ話し始めたのですが、その時の「何この先生、かっこいい!」と感じた感動を今でも覚えています。オズの日本人の先生たちはもちろん毎日業務上外国人の先生と英語を話しますが、「今なんて言ったの!?」とみんないつもに興味津々で聞いてきます。塾講師をしていた時も、塾には気をつけるように言われた発音も「すっげ〜!発音かっこいい!」と生徒には好評でした。英語はただの点数を取るための教科なのではなく、使えなければいけない言語になってきているのです。「わかるようになりたい!」「こういう風に話せるようになりたい!」という英語への憧れや実用性を日々感じられる環境を、オズではこれからも築いていければと思います。先生達の会話、これからも耳をダンボで聞いてみてね👂

最後にテストを特に頑張ったクラスのお菓子パーティーの一枚。リクエストのお菓子は渋いチョイスで梅!すっぱ〜。
372258C9-E3B7-429F-808C-CEF85C1D0726.jpeg
このクラスは受験生ですが、みんな90点以上を達成しました。英会話も担当のウィリアム先生と対等に話せるレベルです。この調子で受験まで突っ走ろう!
posted by OZ ENGLISH SCHOOL at 10:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月24日

おじさん三銃士、泉ヶ岳トレイルランに挑戦!

今週の3連休も気持ちのいいお天気になりましたね!今日も祝日ですが、オズでは通常通りレッスンがありますのでよろしくお願いします!

日曜日は泉ヶ岳トレイルランに、去年に引き続き今年もアンドリュー先生とウィリアム先生が参加しました。
23725ACB-0E2E-43DF-B9C5-F1F1AED4047E.jpeg
真ん中はご近所さんのスウェーデン人のお友達。タイトルの「おじさん(失礼)三銃士」ですが、こうやって三人揃うと英語ではよく"The Three Musketeers(三銃士)"という表現をします。

おじさんですが皆良い記録で無事完走しましたよ!
1D042CE4-FB73-47C9-94C9-D756827125A7.jpeg

23582FA3-C3E1-4374-AAF3-FBEC92C4DBBF.jpeg

ゴール後の清々しい3人。お疲れ様!
E2471C82-B974-4C46-9FD8-C4BD5FD1AE4C.jpeg
10月はまたこの三銃士で松島ハーフマラソンに挑戦するそうです。頑張って!ゴールシーンの動画はオズのFacebookページに載せておきますので、よろしければご覧ください✨

では9月最後の一週間も元気に過ごしましょう!レッスンでお待ちしております!


☆オズの入会金半額キャンペーンは9月末まで!是非無料体験レッスンにお申し込みください♪
posted by OZ ENGLISH SCHOOL at 10:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

オーストラリアの小学校

先日、保護者の皆様にハロウィンパーティーのご案内と一緒に、来年春休みのオーストラリア海外研修説明会のご案内をお送り致しました。既に何名かに参加のお申し込みをいただいております。ありがとうございます。検討中の方は、是非9月29日(土)の説明会にお越しくださいね。留学会社の方に詳しくご説明いただきます。

この海外研修でこだわっているのが、現地の小学校に現地の子供達と通えるところです。なかなか受け入れてもらえる学校はありませんので、とても貴重な体験になります。前回ブログで少し触れたように、我が家の子ども達は一応オーストラリア人でもあるので、将来のアイデンティティー確立のためにどちらの文化で育つことも経験して欲しいという願いから夏休みになるとオーストラリアの公立小学校に入れてもらうのですが(オーストラリアは冬ですが)、日本の学校との違いに本当に驚くことばかりです。公立ですが、オーストラリアの学校は非常に設備が充実しています。海外研修で行く学校も毎回どこもそうです。電子黒板やiPadは普通に使いますし、うちの子ども達は特に校庭の遊具が気に入っていて、大きな公園にあるような遊具が校内の何箇所かにあるのです。日差しが強いので大体カバーがしてあって、地面はゴム製。どんな天候でも遊べるようになっています。良いのか悪いのかわかりませんが、宿題はほぼなし。一度娘は、クラスで可愛がっているぬいぐるみを一週間世話をする、という宿題が回って来たことがありました。「今日は〇〇(ぬいぐるみの名前)と△△へ行きました」など、写真入りでレポートを提出します。日本の朝顔の観察とはまた違って面白いな〜、と感じました。

こうしてみんなで床に座って集まるスタイルは良く見られます。
IMG_5358.JPG

もう一つは、やたら褒められる・表彰されることです。娘の通った学校では”Smile Award”といって、素晴らしい成績を残した人だけでなく、誰でも年に一回は月曜の全校朝礼で表彰される機会がありました。最近よく耳にする「自己肯定力」を高めるのにもってこいの方法ではないでしょうか。教室の中も、「今月一番本を読んだ人」や、「リーディングをがんばった人」などを表彰する掲示は写真つきで飾られていました。だから子ども達もさらにやる気を出して授業に参加するんですね。先日Facebookにも載せたのですが、娘の(日本の)小学校の授業参観では授業中に手をあげる子がほとんどいなく、寂しいな〜、と思って観ていましたが、オーストラリアでは逆に「うるさーい!」というくらいみんな発言します。

こちらは先週のオズでのレッスンの様子。みんな競うように手を上げてくれます。Good job!
41636685_1073995962755599_6865770037454569472_n.jpg

日本の学校で素晴らしいと思うことももちろんたくさんあります。自分たちで掃除する、先生の言うことを静かに聞く、など逆にオーストラリアの人たちが日本の学校に来たら大変感動するはずです。そのように、当たり前だと思っていたことが他の国では違うんだ、という発見が海外研修の醍醐味の一つだと思います。そんな経験が幼い頃にできるのはきっとお子さんにとって財産になるはずです。検討中の皆さん、是非一緒にオーストラリアに行きましょう!まずは説明会でお待ちしております。


Facebookページでクラスの様子を随時更新中!ハロウィンレッスンの様子も載せています♪
https://ja-jp.facebook.com/OzEnglishSchoolSendai/
posted by OZ ENGLISH SCHOOL at 09:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする