2018年09月17日

オーストラリアの小学校

先日、保護者の皆様にハロウィンパーティーのご案内と一緒に、来年春休みのオーストラリア海外研修説明会のご案内をお送り致しました。既に何名かに参加のお申し込みをいただいております。ありがとうございます。検討中の方は、是非9月29日(土)の説明会にお越しくださいね。留学会社の方に詳しくご説明いただきます。

この海外研修でこだわっているのが、現地の小学校に現地の子供達と通えるところです。なかなか受け入れてもらえる学校はありませんので、とても貴重な体験になります。前回ブログで少し触れたように、我が家の子ども達は一応オーストラリア人でもあるので、将来のアイデンティティー確立のためにどちらの文化で育つことも経験して欲しいという願いから夏休みになるとオーストラリアの公立小学校に入れてもらうのですが(オーストラリアは冬ですが)、日本の学校との違いに本当に驚くことばかりです。公立ですが、オーストラリアの学校は非常に設備が充実しています。海外研修で行く学校も毎回どこもそうです。電子黒板やiPadは普通に使いますし、うちの子ども達は特に校庭の遊具が気に入っていて、大きな公園にあるような遊具が校内の何箇所かにあるのです。日差しが強いので大体カバーがしてあって、地面はゴム製。どんな天候でも遊べるようになっています。良いのか悪いのかわかりませんが、宿題はほぼなし。一度娘は、クラスで可愛がっているぬいぐるみを一週間世話をする、という宿題が回って来たことがありました。「今日は〇〇(ぬいぐるみの名前)と△△へ行きました」など、写真入りでレポートを提出します。日本の朝顔の観察とはまた違って面白いな〜、と感じました。

こうしてみんなで床に座って集まるスタイルは良く見られます。
IMG_5358.JPG

もう一つは、やたら褒められる・表彰されることです。娘の通った学校では”Smile Award”といって、素晴らしい成績を残した人だけでなく、誰でも年に一回は月曜の全校朝礼で表彰される機会がありました。最近よく耳にする「自己肯定力」を高めるのにもってこいの方法ではないでしょうか。教室の中も、「今月一番本を読んだ人」や、「リーディングをがんばった人」などを表彰する掲示は写真つきで飾られていました。だから子ども達もさらにやる気を出して授業に参加するんですね。先日Facebookにも載せたのですが、娘の(日本の)小学校の授業参観では授業中に手をあげる子がほとんどいなく、寂しいな〜、と思って観ていましたが、オーストラリアでは逆に「うるさーい!」というくらいみんな発言します。

こちらは先週のオズでのレッスンの様子。みんな競うように手を上げてくれます。Good job!
41636685_1073995962755599_6865770037454569472_n.jpg

日本の学校で素晴らしいと思うことももちろんたくさんあります。自分たちで掃除する、先生の言うことを静かに聞く、など逆にオーストラリアの人たちが日本の学校に来たら大変感動するはずです。そのように、当たり前だと思っていたことが他の国では違うんだ、という発見が海外研修の醍醐味の一つだと思います。そんな経験が幼い頃にできるのはきっとお子さんにとって財産になるはずです。検討中の皆さん、是非一緒にオーストラリアに行きましょう!まずは説明会でお待ちしております。


Facebookページでクラスの様子を随時更新中!ハロウィンレッスンの様子も載せています♪
https://ja-jp.facebook.com/OzEnglishSchoolSendai/
posted by OZ ENGLISH SCHOOL at 09:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする