2016年12月21日

ナマイキTVとキャンディケーンのお話

昨日の「突撃!ナマイキTV」ご覧いただけましたでしょうか?「オズスペシャルですか?」と言われるような、笑えるくらい立て続けに雅崇先生とウィリアム先生が立て続けに登場していました。
image.jpg

image.jpg

雅崇先生の名言(?)も出ました。笑
image.jpg
これ一理ありますよ。英会話をやっている人はわかるはず。

二人とも、身体を動かしながら英語を使う、という活動をしているため、その特集だったようです。オズの傍ら雅崇先生はテコンドー、ウィリアム先生はサッカーを教えています。確かに、英語はただ学習するだけのものではなく、それを使い何かをするための道具です。ウィリアム先生の指導するサッカークラブの責任者で元ベガルタの選手の方が、「自分は英語ができないので、子供たちには世界に羽ばたけるように、今から英語を覚えてくれたら」「継続することが大事」とインタビューでおっしゃっていました。英語を話せるようになることは、今の時代子どもにとって最高の財産になると思います。小学校から通っている高校生のオズの子たちを見ると、私の高校時代より遥かに流暢に、堂々と話せているため、これからを思いワクワクすると同時に羨ましくもなります。英語を習わせてくれているお父さんお母さんに感謝ですね!

さて、今週はクリスマスレッスンですが、レッスンの最後にみんなにほんの気持ちですがクリスマスプレゼントをお渡ししております。その中に入っているものの一つがこちら。
image.jpg

キャンディケーンという、杖(ケーン)の形をしたミント味のキャンディです。クリスマスには定番のキャンディで、こんな風にツリーのデコレーションにしたりもします。
image.jpg
(画像はお借りしました)

もうすぐ冬休み、そしてワクワクのクリスマス!インフルエンザが猛威を振るい、中学校では今になって学級閉鎖になったりしているところもあるようですが、皆様もお身体には十分気を付けてクリスマスシーズンをお楽しみ下さいね。
posted by OZ ENGLISH SCHOOL at 12:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする