2018年02月06日

英検の英作文対策のコツ

先月の第三回英検の一次試験の結果が発表になりました。4級、5級合格の皆さん、おめでとう!3級以上は今月面接ですね。今回二次試験のある人が多いので、早速面接練習を始めています。「練習した問題が出た!」なんてことも多い面接対策ですので、しっかり対策していきましょう!

さて、センター試験の廃止が決まり、さらに重要視され始めた英検。今年度からは3級以上はこれまでの様に並べ替えればいいだけの問題ではなく、意見を問われる英作文の問題が出題されるようになりました。これでは改定以前の合格者との差が出るのでは?と思いますが、大学によっては改定後の取得が条件であるなど、変更前に取ったからと言って安心は出来ないようです。そこで3級以上の受験者は英作文の対策もしてきましたが、英文を書くこと以前に意外にも大変なのは、「意見をもつ」ことでした。どの問題でも自分の考え、そしてなぜそう思うかの理由を二つ求められます。例えば今回3級の英作文のお題はこちらでした。

“What city do you want to visit?(どの町に訪れてみたいですか)”

これとそっくりな問題を補習でもとことん練習したので書けたようでしたが、補習の段階では例えば行きたい国を聞かれて「イタリアに行きたいです。ピザが好きだからです。パスタも好きだからです。」のように、同じ理由を二つの理由と見なして書く子が意外といたのです。高校入試の英作文と違い英検の英作文で大切なのは、文法に限らず中身です。説得できるような内容でないと点数がもらえません。ですので、「自分の考えに対してなぜそう思うのか理由を複数考える」という練習が必要です。そしてこれは、まさにオーストラリアの小学校での海外研修でオズのお友だちが参加したディベートのクラスで行われていたことでした。

「犬か猫、どっちが良いか」というお題について、グループごとに真剣に話し合っています。
IMG_9805.JPG
色んな意見が出ていました。
IMG_9801.JPG
この日の研修の様子はこちら。次回の研修は来年春の予定です。

英語圏の子ども達はこうした議論に慣れているので、プレゼンなどで相手を説得させることが得意です。ただこれはどんなに英語が得意でも練習しないと身につかないコミュニケーション力ですので、今回の英検の改定で英作文が導入されたことが、この思考の訓練をする良いきっかけになるのではないかと思います。英検、難しくなりましたが良い方向に向かっていると私は感じています。小1の娘も今回の英検で準2級を受験したのですが、1年生に準2級を教えるのは英語以前の内容理解の問題が多いので単語・長文やリスニングは本人の英語力に任せ、英作文の部分を練習をしました。どんな練習かというと、普段から簡単な質問をしその答えになぜそう思うかの理由を二つ考えさせるというものです。例えば、「なんで家に帰ったら手を洗わないといけないのか?」「どうして外に行くときコートを着なくちゃいけないのか?」(我が家の毎日の会話が垣間見られますね・・・)など、日常のことについて疑問を持たせ、それを解決していく練習をしました(「手が汚いと病気になりやすいから」「寒いと風邪をひくから、オシャレだから」など、なんでも良いんです。理由は個人の意見で正解はなし!)。実はこれは二次の面接の練習にもなるのですが、英検に限らず普段から意識できるものですよね。是非、お子さんに身近なことについて質問し、説明させる機会を与えてあげてください。もちろん日本語で大丈夫です。そこから英語に変えるのは私たちの仕事です。これはクラスでも日々感じますが、子どもの考えって本当に予想外で面白い答えが返ってくるものですよ。


そんな娘の英作文のエピソードをご紹介。今回の準2級の作文の問題はこちらでした。
“Do you think fast-food restaurants are a good thing for people?(ファストフード店は人々にとって良いものか?)” 
答えやすい質問のように見えますが、1年生の娘は実はファストフードが何かわからなかったのです。彼女の思考では、「ファストフード=早くなるための食べ物=野菜」という驚きの発想になってしまったようで、これは足が早くなりたいという娘に常々「野菜を食べないと足が早くなれないよ」と言い聞かせてきた私たち夫婦が原因だと思われるのですが、誤解したなりに理由を一応述べてきたようで、0点だと思っていたところの半分以上の点数をもらって無事合格してきました(今の英検ではリーディング、ライティング、リスニングどれかが圧倒的に低いと合格できないようになっています)。最近のファストフードは健康志向だから、とでも思ってもらえたのでしょうか。何を書いてきたのかも不明で採点基準も非公開なため推測しかできませんが、ひとまずどんな意見でも理由を説明できれば評価してもらえるのだな、と感じました。3年前に書いた娘の英語記からだいぶ成長したな、と感じています。その時の記事はこちらです。

このコミュニケーション能力を鍛えるため、オズでは必ずレッスンの始めに”How was your day?”と、今日がどんな一日だったか、そしてなぜそうだったのかを答えてもらうようにしています。楽しかったと答えた子は「友達と遊んだから」、疲れる一日だった子は「校外学習だったから」など、人と同じ理由は禁止なのでみんな毎週色々な理由を考えて発表してくれています。この質問攻めスタイルは少人数クラスだから出来る醍醐味で、毎回必ず聞かれますので誰よりも先に答えようとみんな手を挙げて発言してくれますよ。これを利用して小学生クラスでも英作文の練習も更に取り入れいきたいと思っています。

と、長くなりましたが英検が新しくなり1年が経ち私たちも傾向がつかめてきましたので、今年も英会話・そして英検を受ける人はそちらもしっかりサポートしていきたいと思います。今年も頑張りましょう!
posted by OZ ENGLISH SCHOOL at 12:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする