2018年02月26日

これからの子ども達に必要なこと

今週から3月です。いよいよ高校入試も近づいてきましたね。みんなが希望の学校に入れますように。心から祈っています。あと少し、悔いのないよう頑張ろう!

さて最近ブログの中で、羽生選手の「自信」、新しい英検に必要な「理由を説明できること」、「コミュニケーション能力」について書きましたが、それに関するこちらの本を去年教室主催のセミナーでお話頂いたイゲット千恵子さんとの対談記事(こちら)で見つけましたのでご紹介いたします。

著者の船津さんはハワイで移民に英語を教える学校を開校され、今ではLA、上海でも学校を経営されているそうです。
845EF516-B5EC-4E91-95E2-E5EF5610F65C.jpeg

この本がとにかく「なるほど!」の連発で、本当に止まらないくらい面白く、是非皆さんにも読んで頂きたい内容です。こちらが必要な3点ですが、これらを家庭でも習得し、今すぐグローバル教育が出来るようなアドバイスが沢山載っています。
A9F36C23-8020-4A37-8C21-9ABA8F56338B.jpeg

前の英検の英作文対策に書いたのに似た内容も。やはりこれから議論出来る力も必要です。これの練習方法は、前の英作文対策の記事をご覧ください。
D1862D78-0214-477C-8BCE-BFAF4E901D3A.jpeg

とにかく日本人に幼少期から足りないのは「自信」。典型的な例として、これはよく聞きますが自信を与える「褒め方」について触れています。
31BEEA6E-9D71-4FDB-9B01-A3F8C6EE15EB.jpeg

褒めるポイントについてもそうですが、英語の方が日本語よりも褒め言葉のバリエーションが多いような気がします。私はクラスでも私生活でも、"I'm so proud of you!"と言う事がありますが、日本語で「あなたを誇りに思うよ!」ってなかなか言わないですよね。3月に毎年保護者の皆様に担当講師からのお手紙をお送りしておりますが、外国人講師もよくこの"I'm proud..."って使うんですね。これが翻訳に悩むのです。もういっそのこと英語のまま浸透させちゃってもいいんじゃないかとも思うくらい、自信をつけさせるのにはうってつけな魔法の言葉だと思います。あえてクラスで「"I'm so proud! こんなに出来たの誇りに思うよ!"」って言う事もありますが、こんな褒め方された事ないからみんな照れくさそうな顔しますね。それがとっても可愛らしいので、これからも使って照れさせようと思います。笑

そんなことをこの本を読んで感じていたところ、家庭教師のアップルの畠山社長による、テーマが「自己肯定感」のまさにタイムリーな内容の講演を拝聴する機会に恵まれました。
82A0690D-9AF9-4A4B-87E4-53DC9D2E3563.jpeg
宮城県は不登校率全国1位、いじめは3位だそうです。ショック。それも「自己肯定感」の足りなさからきているのかもしれません。

最新の入試情報も説明されていましたが、ますます宮城の子ども達、頑張らなきゃ、と思いました。
84893E79-0FF3-4A34-AF88-D230C1950414.jpeg
写真が下手すぎて申し訳ないですが、私たちもオズの生徒さん達と一緒にこの力を磨いていこうと思います。オー!

これからの子ども達に必要な事が沢山学べた有意義な週末でしたが、4月に教室にスペシャルなゲストをお招きし保護者の皆さんと一緒に学べるような講演会と楽しいランチ会を企画しております。3月のお便りで詳しくご案内いたしますので、お楽しみに!とっても物腰柔らかで優しい畠山社長も、喜んでオズで講演してくださるとお話しを頂きましたので、いつかそちらも是非実現できればと思っております。めまぐるしく変わるこれからの時代を生きる子ども達のために、講師も親も心構えが必要です。皆さんとシェアし一緒に学んでいければと思います。


posted by OZ ENGLISH SCHOOL at 12:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

羽生選手に学ぶ「自信」の大切さ

羽生結弦選手、2大会連続オリンピック金メダルおめでとうございます!日本中が落ち着かない、そして大興奮した一日だったと思います。本当に素晴らしいですね!日本人として誇らしいです。しかも泉区出身だなんてさらに嬉しいじゃないですか!本当に大きな喜びをありがとう、と言いたいです。

羽生選手の強さは、自分を信じて疑わないところだと思います。インタビューでも、時々「そ、そんなこと言っちゃう!?」というようなコメントを度々しています。日本語でビッグマウス、と言ったりしますが、これは英語では「おしゃべりな人」と言う意味になるので、大口を叩くという意味では”being arrogant(傲慢になる)”と言ったりします。しかし口に出すことって「言霊」になって現実に起こるといいますが、本当にそうなのかもしれません。羽生選手の場合その自信もすべて有言実行に基づいてなのでどんなに大口を叩いても、本人の言う通りなので批判のしようがないのですが、根拠がなくても「妙な自信」って、特に私たち日本人には大事なものです。英語を読み書き出来るけど話せない人が多いのもそのせいではないかと思います。話すのって言ってみれば一発勝負で、書いて下準備したり出来ないので自信がない人が多いのではないでしょうか。これは私もよくわかります。ですが、"Practice makes perfect"、日本語では「習うより慣れろ」のことわざですが、直訳の「練習が完璧を作る」のとおり、練習をすればするだけ上達します。羽生選手は特に怪我をした後はどれだけの練習を重ねたかは想像がつきません。英語は日本語と使う口の筋肉が違いますので、回数をこなしたほうが口の筋肉が鍛えられるのは間違いありません。私はよく一人でいるときにブツブツと独り言を英語で言う習慣をつけていました。「あー、あれどこ行ったっけ?そうだ、確かテーブルの下で見たはず。」など、自分の思考をすべて英語で発しました(練習のためではなくてもこれは今でもやります。)。完璧を目指す必要はありませんが、練習した分自信がつきます。どんどん自信をもって英語を発する習慣が身につくように、是非皆さんにも間違いを恐れず英語を使ってほしいと思います。レッツ英語で独り言!

話がだいぶそれましたが、改めて羽生選手、宇野選手おめでとうございます。これから出場する選手たちの景気づけにもなったのではないでしょうか。がんばれ、日本!

IMG_0387.JPG
去年の4月、オズの海外研修の帰りにみんなで偶然空港で羽生選手に遭遇出来たときの写真です。本当に恰好よかった!お疲れ様でした!
posted by OZ ENGLISH SCHOOL at 21:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

体験レッスン受付中!

受験シーズン真っ只中ですが、もう嬉しい知らせが入ってきています。この波に乗ってみんなが行きたい学校に行けるよう、全力で応援しています!連休明けがテストの中学校も多いですね。祝日の12日(月)もレッスンがあります。テスト補習もありますので、1年の締めくくり、良い結果を残せますように頑張りましょう!

さてオズイングリッシュスクールでは、4月スタートのクラスに向け春の入会金半額キャンペーンを実施中です!現在無料体験レッスンを受け付け中で、今月も既にたくさんの皆さまにご参加頂いております。4月からの時間割を編成しているところですので、ご都合に合わせたスケジュールが組みやすい編成中の今、是非この機会をご利用下さい!
7F35148F-BC49-44CA-A6C2-37FA02C77767.jpeg
posted by OZ ENGLISH SCHOOL at 11:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする