2016年06月16日

グローバル教育のセミナーに参加して来ました

週末の話になりますが、東京でグローバル教育のセミナーを受講して来ました。
image.jpg
アメリカはハワイでビジネスをされている講師、イゲット千恵子さんのセミナーは、日本に帰国された時しか開かれずとても人気があります。ハワイで息子さんを育てた経験を基に、主にアメリカの育児事情・教育についてお話されていました。詳しくはこちら

アメリカの学費は日本2〜3倍(!)だそうですが、それでもその価値があったと思えるのは、教育だけでなく子どもが学校生活で作るコネクションだそうです。世界中から学生の集まるアメリカですので、まさにグローバルな環境で、学生生活という貴重な中で色んな国の人達と繋がりが持てるのが何よりの収穫だったそうです。グローバルな環境で育つことで、将来世界中どこでも誰とでも働けるようになるグローバルな人材に成長します。以前こんな事をブログに書きましたが(こちら)、是非みんなに一度は海外に行き、「こんな世界があるんだ」と感じてほしいな、と思っています。ちなみにイゲットさんのお勧めは高校での留学だそうですが(一番人脈の出来やすい環境のため)、留学でなくても、機会があれば是非外国を自分の目で見てみてほしいです。そして子どもが世界に羽ばたく前に、自立の準備など日本でお母さんが教えられる事もたくさんありますし(子どもと接する時間の一番多いお母さんの役割が大きく影響するそう)、何よりお母さんがグローバルに考えられる事も必要だとおっしゃっていました。となると、お母さんもやっぱり英語必要ですよね。オズのママ英語クラス、本気で考えようと思います。

また、お話の中で特に印象に残ったのが日本のパソコン教育は10年遅れているということ。アメリカでは小学生でパワーポイントが使えるようになり、それを利用して買ってほしい物を親にプレゼンで説得、なんてこともあるそうです。確かに、以前アメリカ人の友達が「子どもが誕生日にスケボー買って、とパワポでプレゼンされた」という話を聞き、その時は「ひょえ〜!」と感心しました。人前で自分の考え・主張を発表することに幼い頃から慣れているので、プレゼンの場でも緊張で膝がガクガク、なんてことがないのでしょうね。お話上手なイゲットさんのたくさんの目から鱗の情報に、あっという間の2時間でした。

兎にも角にも、英語が話せることが前提でのグローバル教育ですので、ますます気合いを入れてレッスンしよう!と改めて感じたのでした。中高生クラスは今は中間テストが迫り、補習もあるのでテスト対策一色のオズですが、終わったらしっかり英会話の特訓もしてもらおうと思います✊
posted by OZ ENGLISH SCHOOL at 13:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする